ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " ガス給湯器 " に関する記事

ガス給湯器とは、ガスを使ってお湯を沸かす給湯器です。2つの種類があり、貯湯式と瞬間式があります。貯湯式は、大きなタンクに水を入れてガスコンロの火程度の火力を使って、沸かしていきます。瞬間式は、金属のパイプに水を流してガスの炎で温める方式です。ガス会社ではガス給湯器を使っているお宅へのお得なプランを行っており、お安くご利用することもできます。石油給湯器の人気が上がっていますが、やはり給湯器はガスが良いという人もおり、人気が下がらない給湯器です。

未登録

キッチンリフォームを希望の方必見!キッチンの位置や形状を変える時の注意点

2019年7月5日

リフォームで最も関心が高い場所の一つにキッチンがあります。奥様方の中では最も悩む場所だと言われており、また素敵なキッチンの写真を見ながら夢が広がりがちですよね。また、キッチンメーカー各社様々な多機能システムキッチンを発表しており、どれも魅力的で悩ましいですよね。しかし今回はそんなメーカーの違い以前に、キッチンの形状やレイアウトに関して記述していきたいと思いま...

未登録

キッチンリフォームを希望の方必見!キッチンの位置や形状を変える時の注意点

2019年7月5日

リフォームで最も関心が高い場所の一つにキッチンがあります。奥様方の中では最も悩む場所だと言われており、また素敵なキッチンの写真を見ながら夢が広がりがちですよね。また、キッチンメーカー各社様々な多機能システムキッチンを発表しており、どれも魅力的で悩ましいですよね。しかし今回はそんなメーカーの違い以前に、キッチンの形状やレイアウトに関して記述していきたいと思いま...

未登録

最近の洗面台はこんなにも素晴らしい!洗面台リフォームにオススメのメーカー5社をご紹介

2019年7月5日

洗面台は家族が毎日使う場所です。毎日当たり前に利用する生活空間だからこそ、できればいつも綺麗な場所にしておきたいですよね。 しかし洗面化粧台のリフォームを検討している方の中には、メーカーの数が多すぎてよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。ただ手や顔を洗う場所と考えがちですが、最近は非常に多くのこだわりが詰まったものが多く、各メーカー素晴らしい...

未登録

最近の洗面台はこんなにも素晴らしい!洗面台リフォームにオススメのメーカー5社をご紹介

2019年7月5日

洗面台は家族が毎日使う場所です。毎日当たり前に利用する生活空間だからこそ、できればいつも綺麗な場所にしておきたいですよね。 しかし洗面化粧台のリフォームを検討している方の中には、メーカーの数が多すぎてよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。ただ手や顔を洗う場所と考えがちですが、最近は非常に多くのこだわりが詰まったものが多く、各メーカー素晴らしい...

未登録

古いマンションのリフォーム時に把握すべき注意点とは!古いマンションリフォームの落とし穴とは?

2019年6月11日

壁紙が汚れてボロボロになってしまったり、キッチンやトイレなどの設備機器も古くなって調子が悪くなってきたのでそろそろリフォームをしたいと思っていませんか? でもその前に、古いマンションには注意する点がいくつかあります。知らないでリフォームするととんでもないトラブルに発展する恐れも!?そのトラブルの原因は新しいマンション規則(基準)が原因って知っていますか?ト...

未登録

リフォーム会社選びで失敗したくない!まずやるべきことは?失敗しないリフォーム会社選びには「5W1H」を抑えよう

2019年4月22日

リフォーム会社選びに失敗しないためにはどうしたらいいのでしょうか。インターネットで「リフォーム会社 選び方」などで検索すれば、様々な情報が出てきます。確かに有益な情報も多いですが、自社の売上だけを考えたような情報もあるのも確かです。そういった情報に踊らされず、本当に満足のいくリフォームをするために必要なのは「事前準備」です。 「リフォーム会社をど...

未登録

リフォームの最終チェックで万全に!リフォーム工事完了後のチェック

2017年12月6日

リフォーム工事が完了した際には、引き渡しの前に必ず依頼主による完了検査を行いましょう。その際に、完了していないとみなされた場合は正式な引き渡しは行いません。逆に完了検査の時点で依頼主が「完了した」と承認すれば工事は完了しており、それ以降に発生した工事は通常「追加工事」とみなされます。

未登録

シャワーの水圧が弱い場合のチェックポイントシャワーの水圧が低くて困っています

2017年11月21日

使用するエネルギーを最小限に抑える「省エネ」を大きな目的として開発されている給湯器の場合、水圧が弱めに設計されているものもあります。深夜電力や、外気の熱を使う事や、少量の水で体を流すこと、環境に良いことを目指している方式の給湯機のデメリットは水圧が低い、というようなことが起こります。それでもできる対策を探ります。