ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

外壁塗装の塗料の見分け方!ピッタリの外壁塗料を選ぼう!

外壁塗装の塗料の見分け方

外壁塗装の塗料の見分け方

外壁塗装に使う塗料は、様々な種類があります。 ご自分の目的や用途、仕様に合わせた塗料を選ぶことで、理想の外壁塗装とすることができます。 外壁塗装の塗料の見分け方のポイントを、詳しくご紹介していきます。

普及品の塗料で良ければシリコン塗料

一般的な普及品の塗料が良いのであれば、シリコン塗料がオススメとなります。

シリコン塗料は塗料の中で中級品の塗料であり、価格と耐用年数のバランスが良くコスパが高い大きなメリッがあります。
そのため、外壁塗装工事を行う際に業者にお任せで塗料を選んでもらう場合は、シリコン塗料を選ばれることが大半です。

大変メリットが多い塗料であり、汚れが落ちにくく色落ちにも強く、防カビ性や防藻性にも富んでいます。
さらに作業性にも富んでおり、塗装工事をスムーズに行うことができます。

無難な耐用年数を発揮し、10~15年程度の寿命を発揮します。
10年以降となった場合に塗替えの検討をすればよいので、わかりやすい塗替えの計画とすることができます。

機能性に富んだ塗料に目を向けてみよう

外壁は紫外線や雨水などの外的刺激の影響を大きく受けやすいので、いかに機能性に富んでいる塗料を選ぶかが大きなカギとなります。
塗料というのは様々な種類があり、その機能もマチマチであり色んな特徴があります。
普及品の塗料ではなく機能性を重視してみたいのであれば、機能性に富んだ塗料にも目を向けてみましょう。
機能性に富んだ塗料別の特徴を、ご紹介いたします。

ラジカル塗料

2015年に販売された新しい塗料であり、ラジカルという塗膜の寿命を縮める成分が増加しにくいという大きなメリットがある画期的な塗料です。
シリコン塗料よりもほんの少ししか単価が高くなく、シリコン塗料同様にコスパが高い塗料です。

光触媒塗料

太陽光が当たることで親水性を発揮し、雨が流れることで汚れを綺麗に洗い流してくれる塗料です。
耐用年数も10~15年と長く、メンテナンス性に富んでいる大きなメリットがあります。
しかし、単価が5,000円~となっており、1回にかかる外壁塗装工事のコストは大きくかかります。

断熱塗料

塗料の中に粒状の中空ビーズが入っており、塗膜の中で断熱材の効果を発揮する塗料です。
外壁に塗布することで、室内の省エネ効果を高くすることができます。
耐用年数も長く、15~20年程度と長持ちさせることができます。

水性と油性の違い

外壁塗装の塗料には、水性と油性があります。
水性塗料と油性塗料の違いは、塗料を希釈している液体の違いです。

水性塗料

塗料を水で希釈している塗料であり、シンナーを使っていない塗料です。

油性塗料

塗料を溶剤というシンナーが入った液体で希釈している塗料であり、いわゆるシンナーの臭いがする塗料です。

数年前までは、外壁塗装に使う塗料は油性塗料しかありませんでした。
しかし、臭いや健康等に配慮されるようになり、水性塗料も徐々に増えてきました。

塗料というのは、溶剤のシンナーが入っている塗料の方が強固な塗膜となり、寿命も長くなります。
しかし、外壁塗装は外で行うので、気になるのは臭いです。
シンナーの塗料独特の匂いは不快な臭いでもあるので、嫌がる方が非常に多くいらっしゃいます。
また、幼いお子さんが居るご家庭では、シンナーの体の影響も気になると思います。
その場合は、水性塗料を採用されると良いですが、塗膜の寿命は短くなってしまいます。

外壁の状態に合わせた塗料を選択しよう

外壁塗装工事を行う際は、今の外壁に発生している状態に合った塗料を選ぶようにしましょう。
外壁の状態に合わせて検討すべき塗料は、これらが挙げられます。

弾性塗料

弾性塗料はゴムのように伸びる塗膜となり、収縮性を発揮する塗料です。
そのため、建物に多少の動きがあっても、塗膜が伸びてクラックとなることを防ぐことができます。
また、既存外壁のクラックがある場合は、弾性塗膜で覆うことでクラックを上手く隠すことができるので、雨が降ってもクラックから雨水を浸透させなくすることができます。
呼吸ができない塗膜なので、窯業系サイディングの素材とは相性が悪いので、採用できません。

防水塗料

塗料に混ぜることで、防水力を高めることができる塗料です。
防水塗料を混ぜた塗料で外壁を塗装することにより、防水塗膜で外壁をグルッと覆うことができます。
外壁のどこからか雨漏りをしている可能性がある建物には、オススメの塗料です。
透明の塗料に混ぜることで、タイル調などの柄物の外壁に塗布することもできます。

防カビ塗料

塗料に混ぜることにより、防カビ効果を高めることができる塗料です。
太陽が当たらない外壁面や湿気が多い外壁面に塗布することで、カビが発生しにくい外壁とすることができます。
太陽が当たる部分には光触媒塗料、光が当たりにくい部分には防カビ塗料を使うなど、塗り分けで使う場合が多くあります。

艶にも目を向けてみよう

外壁塗装は、艶の選び方も非常に重要となります。
艶の雰囲気で、外壁の見え方は大きく変わります
艶の段階は塗料にもよりますが、以下の5段階から選ぶことができます。

・艶消し(1番光沢がない)
・3分艶
・5分艶
・7分艶
・艶有り(1番光沢がある)

艶消しの光沢度は5以下であり、艶有りの光沢度は70以上とされています。
この2つの間に、3分艶、5分艶、7分艶があります。
落ち着いた雰囲気が好きな場合は艶消し派手な雰囲気が好きな場合は艶有りがオススメとなります。

また、光の反射率は、このような数値となっています。

・艶消し 5%以下
・3分艶 10%以上20%以下
・5分艶 30%以上40%以下
・7分艶 55%以上65%以下
・艶有り 70%以上

光の反射を高めて外壁に外的刺激の負担を少なくするためには、艶消しが1番良いといえます。

今回は、外壁塗装の塗料の見分け方について、ご紹介いたしました。
外壁塗装の塗料には多くの種類があり、細かい種類の違いもあります。
どんな外壁塗装にしたいのかをよく考えて、理想の外壁塗装工事としましょう。