ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

実はもっとも重要

基礎のリフォーム

基礎のリフォーム

住宅の構造を考える際、柱や梁の基本的な部材を思い出す人は多いのですが、基礎については忘れられるケースが意外にあるのです。 しかし、基礎も非常に重要な部分で、立派なリフォーム対象です。 ここでは基礎に焦点を当て、昔の物と今の物、そしてリフォームも絡めて紹介します。

基礎リフォームの必要性

住宅を建てるときに一番最初に行う工事は基礎工事です。基礎は建物を載せているので非常に重要なのですが、目で確認しにくいため、なかなか重要性に気づかない場合も多いです。しかし、特に古い建物の場合には、基礎についてもリフォームが必要になります。

昔の住宅の基礎

昔の建物は布基礎の建物が多かったため、今の基礎構造ほどの強度はありませんでした。

また、布基礎は建物の土台の部分だけを支持する構造で床下は地面が露出しています。そのため地面からの湿気がこもることが懸念されるデメリットがありました。

今の基礎…べた基礎

今の基礎はべた基礎が主流となっています。

べた基礎は、住宅全体の床下に鉄筋を埋設してコンクリートを打ち、住宅の床下面の全面をカバーする形の基礎です。布基礎に比べて強度が高く、湿気をこもらせない優れた基礎と言うことが出来ます。

基礎リフォームのメリット

今の住宅の基礎がべた基礎なのは述べましたが、それでは基礎をべた基礎にリフォームするメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

耐震性のアップ

基礎を変えるメリットの第一は耐震性のアップです。

昔の布基礎の場合は線状の構造のためにゆがみやすく、べた基礎と比較して地震には強くありませんでした。しかし、べた基礎の様に布基礎の内側に鉄筋を敷いてコンクリートを打つと、基礎全体が固定されて強度が上がり、地震などの外からの力が加わっても壊れにくくなります。

シロアリ対策

シロアリは地面から「蟻道」と呼ばれる経路を形成しながら上がって来て、柱などの木部材を食い荒らします。そのため、基礎の構造としては地面の露出する布基礎よりも、地面を全面的にカバーする、べた基礎の方が有利になります。

基礎リフォームでは、地面に鉄筋を敷いてその上にコンクリートを打つ場合が多く、シロアリの入る隙を作らない様にします。そのためシロアリ対策としても有効なのです。

部材の腐食防止

住宅は床下に湿気がたまると、部材が腐る原因になります。当然、部材が腐ってしまうと強度が著しく低下してしまい、耐震性などの性能が落ちてしまいます。そして、布基礎の場合は地面が床下に露出するために、湿気が床下にこもりやすいです。その一方で、べた基礎の場合は湿気の点でも有利になります。

基礎リフォームの施工例

ここでは基礎のリフォーム工事の手順の例を紹介します。

防湿シートの設置

最初に防湿シートを設置します。これにより、地面から湿気が上がるのを抑止します。

布基礎の場合は地面の露出が床下の湿気に繋がり、部材の腐食に繋がりましたが、湿気の対策を打つことによって、部材腐食のリスクを軽減させることが出来るのです。

鉄筋の設置

次は鉄筋の配置です。

床下にはコンクリートを打って全面を覆いますが、コンクリートだけでは小さなヒビが入ることもあります。その補強として鉄筋を入れるのです。

今では鉄筋としてメッシュ(溶接金網)を入れることが多くなりました。これにより施工性をアップさせるメリットなども出て来ます。

コンクリートの打ち込み

メッシュを配置した後にコンクリートを打ち込んで、表面を仕上げて完成です。

基礎を長持ちさせるために

コンクリートは非常に丈夫なですが実は劣化してしまう素材です。その結果、基礎の中の鉄筋の腐食が発生します。鉄筋が腐食すると強度が落ちるだけでなく、体積まで膨張するので、コンクリートにヒビが入ることにも繋がります。

そのための対策が必要なのです。

基礎への塗装

コンクリートの劣化は、空気中の二酸化炭素などがコンクリート中の水酸化カルシウムを中性化させることで進行します。コンクリートは本来アルカリ性で、鉄筋が腐食しない環境となっているのですが、コンクリートが二酸化炭素などでアルカリから中性に変わると、鉄筋の腐食する環境が出来てしまいます。

そこで、コンクリートに塗装をします。塗装をすると、コンクリートを塗膜で覆うこととなり、空気中の二酸化炭素と接触しない様にすることが出来ます。その結果、基礎を長持ちさせることが可能となるのです。

薬剤の使用

コンクリートを長持ちさせる薬剤もあります。代表的な薬剤としては、コンクリートの中への浸水を抑える物や、アルカリ環境を回復させる物があります。それにより鉄筋の腐食を抑え、基礎を長持ちさせるのです。

まとめ

基礎は重要な部分であるため、適切なリフォームが大切になります。耐震性のアップやシロアリ対策、更には部材の腐食防止にも有効であることを忘れないでおきましょう。