ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

リフォーム前に確認

リフォームに必要な費用を項目別まとめてみた

リフォームに必要な費用を項目別まとめてみた

自宅をリフォームしようと考えた時に、一番気になるのは費用面ではないでしょうか? リフォームと一言で言っても内容は千差万別で、費用もそれぞれ違っています。 そこで今回は、リフォームに関する費用を戸建てとマンションに分けてご紹介します。 さらに、リフォーム費用を安くする裏技もご紹介しますので、これからリフォームをしようと検討している方は必見です。

リフォームの目的を把握する

費用を計算する前に、「リフォームをする目的」を把握する必要があります。リフォームを行うには、みなさんそれぞれ目的があるでしょう。

  • 介護をする必要が出てきたのでバリアフリーの家にしたい
  • 子供が独立して夫婦2人になったので家をもっとコンパクトにしたい
  • ウォシュレット便座に交換したい

これら以外にもリフォームを行う理由や目的は違ってきます。目的を最初に明確にすることで、費用を抑えることも出来ますし、効率的で無駄のないリフォームが実現できます。

関連エントリー
あなたの理想を実現するリフォームイメージをつくりましょう

リフォームデザインはリフォームする工事要素のなかで最も楽しめるものの一つです。 家族をまとめ上げるにもいい機会ですので真剣に取り組んでみてください。具体的なサンプル画像やショールームへ行って選択を精査する前に、デザインテーマが絞れるためのヒントをピックアップします。

戸建て編

庭や大きなガレージがあるなど、マンションでは味わうことができない開放感が魅力的なのが戸建てです。そんな戸建てをリフォームする方も増えてきました。

戸建ての場合、部屋の数が多い分リフォーム事例も多くありますが、主にキッチンやお風呂、トイレなどのリフォームが人気があります。

今回調べたところによると、元々は壁が付いていたキッチンを対面式のシステムキッチンへリフォームした場合、掛かった費用は150万円ほどでした。インテリアにこだわったキッチンにリフォームしたら120万円、ガスコンロからIHコンロに変えたら135万円など、キッチンだけでもこれだけのリフォーム費用が掛かります。

それ以外の場所では、段差を無くして移動が楽になった浴室で100万円、家族がくつろぐ素敵なリビングが100万円など、リフォームを行う部屋によって費用は様々です。

マンション編

先程は戸建てのリフォームについてご紹介しましたが、リフォームを行なうのは戸建てだけではなくマンションもあります。部屋が密集しているので暖かくて防音にも優れているマンションも、状況によってはリフォームを行う方が多くいます。

マンションのリフォーム箇所も、キッチンや浴室、トイレや寝室など様々です。費用も今回調べたところでは、キッチンは約60万円、リビングが約50万円など部屋により異なります。

ちなみに、マンションのリフォームは分譲が対象になりますので、賃貸マンションでは大家さん自ら行うか、大家さんに了承を得てからリフォームの見積もりを取りましょう。

複数の業者から見積りを取る

戸建てやマンションのリフォームを行うには、複数の業者から見積もりを取ることがポイントです。

1社だけから見積もりを取ってしまうと、その業者が持っている技術では賄いきれないリフォームは行なえませんし、見積もりを複数取ることで価格競争が生まれて安くリフォームができる可能性があります。

複数の見積もりを取ることを相見積もりと呼びますが、業者によって得意なリフォームと不得意なリフォームがありますので、いずれにしても複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

関連エントリー
リフォームで失敗する相見積もりタブーとは

リフォームの成否を分けるリイフォーム会社との最初の深いコンタクトになる「見積書」。大事なコンタクトに成功するために侵してはならないマナーとともに、見積書で見るべきところや金額調整についてまとめています。

まとめ

今回はリフォームに必要な費用を項目別にまとめてみました。

現在住んでいる自宅の状況を把握し、目的を決めた上で複数の業者から見積もりを取ることで、効率的かつ確実にリフォーム費用が出せます。この記事を参考にして、複数の業者から見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。