ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

安心快適リフォーム【キッチン編】

憧れのアイランドキッチンをリフォームして妻にプレゼント

憧れのアイランドキッチンをリフォームして妻にプレゼント

今回はキッチンリフォームについて解説します。よくある一般的なキッチンリフォームの説明ではなく奥様の為にリフォームを行う。しかも誰もが憧れのアイランドキッチンをプレゼントする。こんな旦那様がいらっしゃれば、なんて素敵なのでしょう。 奥様と結婚して数十年。妻には色々と苦労をかけた。本当に感謝している。なにか感謝の気持ちを伝えたい。そう思っていらっしゃる、世の殿方は多いことではないでしょうか。その感謝の気持ちを込めて奥様にアイランドキッチンのリフォームをプレゼントする。今回はこういったコンセプトで解説します。

みんなが憧れるアイランドキッチンの魅力とは?

アイランドキッチンの魅力は、なんといってもダイニングとの一体空間で、広々とした開放感と上質なインテリア空間をつくりだせることでしょう。キッチン、リビング、ダイニングの主役としてその存在感は別格です。毎日の暮らしを上質で都会的に演出するアイランドキッチン。「我が家のキッチンにも!」と近年アイランドキッチンの採用が増えています。

キッチンリフォームの基本的な知識

キッチンリフォームを行うにあたり、知っておきたい基本的な知識についてご説明します。

キッチンの設置のタイプには大きく分けて3つあります。先ほど説明したアイランド型キッチンと一般的なI型のキッチン。そして天板が折り返しになっているL型キッチンです。それぞれの組み合わせで吊戸棚を付けたり、カップボードを配置してプランニングしていきます。

I型のキッチンからアイランド型のキッチンに変更するリフォームの場合は注意が必要です。主な注意点は次の三点です。

1点目は排水移設です。キッチンには必ず排水口が必要ですが、現在の排水位置の移設が出来るか検討が必要です。排水管は一般的に床下に設置されています。木造住宅の場合は床下が広く配管の移設が可能の場合が多いのですが、マンションのような床がコンクリートの場合は排水移設が不可能な場合があります。

2点目は湯水の給水です。カランの位置の変更に伴い給水管の移設が必要となります。給水管は床下を通って壁面から立ち上がっている場合が一般的です。排水管同様に移設が可能かの検討が必要となります。

3点目は換気扇の移設検討です。換気は空気をダクトに通して外気に空気を排出します。換気扇のダクトが外気部分まで送れる事が必要となります。アイランドキッチンは部屋の中央よりに設置するケースが多いため、外気までのダクトの配管ルートの検討が必要となります。配管のダクトは外壁面を貫通します。マンションの場合は換気口の位置が決まっています。マンションの外壁は共有のため換気口を開けることはできません。

以上のようにキッチンリフォームでは、排水、給水、換気の3つの検討が重要となります。

奥様とショールームに出かけよう

リフォーム前には是非、奥様とショールームにお出かけください。

リフォームする時に意外にカタログだけで商品を選びで、実物を見ない方がいらっしゃいますがあまりお勧め出来ません。カタログだけで選んだ場合、リフォーム後の実物とイメージが違うということになりかねません。

ショールーム行かない方の理由としては、日ごろは忙しくて時間がない、近くにショールームがないなどがあるのですが、可能な限り実物をご覧になって頂きたいと思います。

またショールームにお出かけされる場合は予約をお勧めします。住設メーカーの担当者から詳しく商品説明を受ける事ができます。予約なしでの来店の場合は、説明が受けられない場合がありますのでご注意ください。

またショールームで実物を見れば、リフォーム後の奥様の具体的なイメーが湧いてきます。ワクワク感や、リフォームの楽しさも倍増します。ショールームは楽しい所です。奥様もきっと喜んでくださることでしょう。是非奥様同伴でショールームにお出かけください。

アイランドキッチンにリフォームした後の押さえておくべき注意点

LDKの広さが重要!快適な居住空間を確保できる?

壁掛けキッチンからアイランドキッチンにリフォームした場合キッチンに十分な広さが必要です。

失敗例として、狭いLDKにアイランドキッチンを設置してしまうとキッチンの存在感が大きくなりすぎて、アンバランスなLDKとなってしまいます。リフォーム前より圧迫感がある空間になってしまい、居住性が悪くなれば後悔する結果になりかねません。

アイランドキッチンの開放感の良し悪しを考える

開放感があることが全て良いとは限りません。例えば料理の油はねや臭いも部屋に広がりやすくなります。よって換気扇の性能は重要となりますが、アイランドキッチンの換気扇は天井につける必要があるため換気扇の種類は限られます。

またダクトが露出する場合もあり、意匠性を損ねてしまうこともあります。

リフォーム後は手元も生活感も丸見え!それでも大丈夫?

開放感があるからこそ、キッチンの上が丸見えです。常にキッチンの上をきれいにしないと生活感が目立ってしまいます。

急なお客様をリビングにお通ししなくてはならない場合、あせることもあるかもしれません。キッチンが汚れていると部屋全体に影響を与えます。アイランドキッチンにするときは開放感に関するこの辺の考慮も十分に必要となります。

まとめ―大切なのは全ての「プロセス」を奥様と共有すること

今回のテーマは奥様に憧れのアイランドキッチンをリフォームして妻にプレゼントしよう、でしたが、奥様が満足するリフォームにする為にはリフォームの全ての「プロセス」を奥様と一緒に共有することです。

例えば色決めの時に奥様に対して、「何色でもいいよ」はNGです。またキッチンの天板は大理石?それともステンレス?「どっちでもいいよ」の返答は最悪です。

奥様はご主人と一緒に決めたいものです。そのプロセスが奥様の満足感を高めます。リフォーム後、奥様が楽しそうに料理をしているところを想像しながら、奥様の相談に乗ってあげてください。

それでは素敵なリフォームを奥様にプレゼントできることをお祈り申し上げます。