ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

リフォームの見積もり合わせについて

リフォームで失敗する相見積もりタブーとは

リフォームで失敗する相見積もりタブーとは

リフォームの成否を分けるリイフォーム会社との最初の深いコンタクトになる「見積書」。大事なコンタクトに成功するために侵してはならないマナーとともに、見積書で見るべきところや金額調整についてまとめています。

相見積もりを行う理由

リフォームの成功にはいろいろな要素がありますが、もっとも大きく成否を分けるのはリフォーム会社の選択につきます。

正しい選択をするためには、家のリフォームを誠実に、着実に行う能力のあるリフォーム会社を見分ける目が必要になってきます。

リフォーム会社との最初のコンタクトは「見積もり相談」であることが多いわけですが、では具体的にどのようなポイントをチェックすれば、自宅リフォームにしっかりと取り組んでくれる会社と出会うことができるのでしょうか。

そのために相見積もりを通して見えてくるその会社のスタンスをチェックして絞り込みましょう。

まずは、相見積もりの目的について見ていきましょう。

リフォーム会社の得意分野が見えてくる

「見積もりを提出する」ということは、リフォーム会社にとっては自らのスタンスを表現しアピールする一つの“広告”ともいえます。

広告チラシのように、お客さん予備軍に「自分の会社の得意分野は何か」「どんな工事で役に立ちたいか」を言葉でアピールする代わりに、各部材・工事費などの金額で表現するのが見積書なのです。

だから、見積書を丹念に読めばその会社の得意分野がある程度見えてきます。

得意分野が見えない見積書

見積書には表書きと見積もり明細書が付いていることが殆どです。

しかし、時には表書きの「大工工事一式」「ガラス工事一式」というような一式表示しか書かれていない見積書もあります。

そもそも見積書はその現場を監督する人物が見積もりを行うことが普通です。

工事の発注や材料の確保、職人の確保、工事スケジュール作成などすべて現場を取り仕切る役割が監督であり、その立場だからこそただしい見積書を作成できるわけです。

穴のある見積書を作ってしまったら会社がつぶれることもあり得るのです

大きな金額を預かる責任か肩にかかっているわけです。

ですから例えば「大工工事一式」であっても自ら積算をしているはずです。

忙しさに見積書を作成する時間を惜しんだのかもしれません。

ただし、「大工工事一式」で見逃してはいけないものは本当にどんぶり勘定で金額を出しているという場合です。

見積書の作成は現場担当者にしてみれば面倒なものです。

しかし、その仕事を入札で勝ちつつ赤字にならない見積書を作る必要が課せられるわけです。

「監督が忙しすぎる」「監督が力を持ちすぎている」など、その会社にどんな事情があるのかが見える場合があります。

リフォームの成否を握るのは実は会社ではなく、監督であるということを踏まえるならば、その会社で監督を担当している人と会社との関係を観察することも大切です。

相見積もりによってリフォーム会社の視点が見えてくる

リフォーム会社によって、下請けとなる各専門業者の工事範囲は異なります。

例えば、水道業者によって洗面台が見積もられる場合と、洗面台メーカー特定業者が水道工事を行うという場合があります。

リフォーム会社とメーカーの力関係で工事範囲が変わることもあります。

同じ機種でも仕入れ値は異なります。その代わりにどこかで帳尻を合わせるということも起きます。

複数の見積もりを比べる見積もり合わせを行う時は、単品価格ではなく工事全体で見ていくことで適正な工事かどうかが見えてきます。

見積もり内容を詳しく見るとリフォーム会社の意図が見えてきます。

ただ、一社だけでは「それが適正な見積もり」かどうかの判断はできません。

工事は「時価」です。ですから、時価相場を判断するために最低二社に見積もりを出したいものです。

相見積もりのマナー違反とは

というわけで、ネットのリフォームマッチングサイトから工事見積を発注したいと思える会社を2~3社ピックアップしました、として相見積もりを依頼する際にしてはならない注意事項を取り上げます。

各々のリフォーム会社に相見積もりであると伝えないことはタブー

見積もりを発注するのは1社ではないことを必ず伝えましょう。

ただし、他にどの会社が入札に参加しているかを知らせない方がいいです。

ライバル会社の場合お互いのことを知りたがるものですが、あくまでも適正な金額で出してもらえるよう採寸の注意をはらいましょう。

リフォームを依頼する会社が決まっているのに見積もり合わせとして依頼する

あらかじめ決まっていることが前提であるのにそれを隠して見積もり依頼することは信頼関係を著しく損ねますのでやめましょう。

リフォーム会社ごとに見積条件が異なる

見積もり依頼の際に通常必要なものは、建築概要書、建築仕様書、建築図書、予算、工事完了したい期日、見積上がりの期日です。

その内容について書い業者にバラバラなことを述べたり、書いたりして見積もりを依頼すると、本当の工事相場が見えてきません。

この場合は見積もり合わせすること自体、無意味です

無意味な作業に各業者の貴重な時間を割いてはいけません。

  • 建築概要書:リフォームする家の住所、リフォーム契約者の氏名、リフォーム内容・平米数など必要事項
  • 建築仕様書:リフォームする材料のグレード・品番など詳しい仕様書
  • 建築図書:いわゆる設計図 クロス貼り換えや塗装などの見積もりに平米数が必要
  • 見積上がり期日:依頼から1週間~2週間後に設定

途中リフォーム会社からの質問を受け付け、各社から出た質問を統合して全員に返答を告知します。

見積書を他のリフォーム会社に見せてしまう

業者によっては、見積質疑応答の中間で、他のリフォーム会社がどう出ているのか探りを入れてくる会社もあるでしょう。

けれども、値段が高めだがネームバリューのある会社へ他の安い金額で出ている見積書を提示して価格交渉することはタブーです。

真摯に見積書を作成してくれた業者への背信行為であるばかりでなく、今後の工事が発生した時の対応に悪影響となります。

家づくりは一生の暮らしを守る大きな工事です。だからこそ正統な方法で予算に近い工事になるよう努力を惜しんではいけません。

あまりにも多くの会社に相見積もりを出してしまう

通常の新築住宅で見積もり発注するのはその工事を得意としている3社~5社です。

リフォームであれば3社前後が良い見積もり合わせになる数です。

見積もり合わせには誠意と綿密な打ち合わせが必要です。

図面がない場合は特に現場での詳しい指示も必要になります。

大体は、同じ日に時間をずらして相手に来てもらう渡し方をしますが、一日に渡し切れる数にリフォーム会社を厳選しておきましょう。

予算をオーバーした時の対応

リフォームを設計者などに相談していない場合、予算を決めるのに役立つのはネットのリフォーム会社マッチングサイトなどにある「工事相場」記事です。

これは変動もあるもののある程度の予算を持つには良い記事です。

複数の記事を参考に予算を組み立てておきます。

そこで見積もりを発注して本当の金額がわかるという流れになります。

その時に、事前に調べておいた予算取りと見積額が大幅に狂うこともあり得ます。

単位を見落としていたとかがその理由です。

予算と見積額に開きがある場合、調整する必要が出てきます。

逆に最初の見積もりであまりに実現不可能でショックを受けたとしても、そこからが金額調整の始まりなわけです。

どの会社も予算を聞いている限りは「調整がかかる」ことを前提として見積書を出してきているのです。

ですから、次にやることは業者に逆質問することです。

「予算内に納めるにはどうしたらいいか」アイデアを出してもらいます。

そうして金額調整を掛けていくわけなので、金額が高いから即座に切るというのは真摯な見積書を出してくれた会社には失礼なこととえいえます。

まとめ

いかがでしょうか。

相見積もりに出すことへの不安が解消できたでしょうか?

常識的に見積もり合わせをして予算に合ったリフォームを見つけましょう。