ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

詐欺に遭う人、あわない人の違い

リフォーム詐欺にあわないために

リフォーム詐欺にあわないために

リフォーム工事にしっかりと取り組むことで詐欺に遭うリスクはグッと減らすことができます。

国民生活センターに寄せられる訪問販売による、リフォーム工事の相談件数は年間6000件ほどの被害があると報告されています。

リフォーム工事は金額が大きいのでわずかな工事でも大きな痛手となります。

まずはどのような手口があるかを取り上げます。

増えるブラックリフォーム詐欺!その手口とは

無料で点検するといって電話や訪問される

無料点検ならば「タダだから」と思ってしまいます。

業者の目的はまず、家に入れてもらう事です。

心のカギを外すためにも家をみたり、ちょっとした作業を無料で行うことで、家主の「申し訳ないねえ」という気持ちを引き出します。

このままでは家が壊れる可能性もあると次々にリフォーム範囲が広がる

家主の「申し訳ないねえ」という気持ちを引き出したら、悪いところを次々と取り上げてドンドン工事が膨れ上がります

親切なプロに、家の心配をされ工事を奨められ、それが数十万円ぐらいであれば受けてしまう人もいます。

割引価格などと相場よりも安いと錯覚させる

「今なら○○引きでやれるんです」などと値引きを言って今日しかお得に工事をできない気持ちにさせます。

工事というものは半分以上が人件費なので、そんなに割引できるはずはないのですが。

話し相手になってくれる親身さ

営業マンが親身にウチの心配をしてくれるので、その親切な人になにか貢献したくなってしまうのが人情です。

良くしてあげたいなら飴ちゃんでも一つ上げて、こちらも親切にしてあげましょう。

豹変して帰るかもしれませんが。

「今なら○割り引き!」とよく考える暇を与えない

「今日しかこの金額で契約できない」理由は何でしょうか。

明日になった在庫がなくなり購入材料が高くなるのでしょうか。

今日なら割引できる理由を聞いてみたいものです。

「台風被害には保険が降りて工事費がタダ」という

保険金詐欺というものです。

火災保険に入っている場合、台風など風雪害による破損が補償対象になる合法な工事はもちろんあります。

そういう場合に保険金を請求させ、工事費を受け取ったとたんに雲隠れするケースも多発しています。

こんな人がリフォーム詐欺の手口に引っかかる

どこまでが適正な工事か判断できない

リフォーム詐欺に遭う最大の要因は「そのリフォーム工事が適切なのか」「きちんとした工事ができているか」「余計な工事ではないのか」という適正工事についての判断ができないために起こります。

適正相場がわからない

「そのリフォーム工事が適正価格なのか」についての判断ができないために起こります。

不安をあおられると弱い心配性

不安をあおられると誰しも不安になりますが「不安」の原因は知識がないところから起こります。

わからないものに関しては分野を問わず怖いのです。

今しか安く受け取れないならやらなければと思ってしまう

そもそも適正価格を知らないわけですから、提供されるものが安いかどうかは判断できません。

口車に乗せられ「そうそう」とうなづいてしまうことで、相手の言い分が正しいような気になります。

ご近所のあの人もやっているならうちもと思ってしまう

周囲の人がやっているとついつられてしまうこともあります。

一種の催眠商法です。

本質的なところではなく、周囲と同じようにすることで、自分で判断することを放棄しています。

少額なら騙されてもいいかと思ってしまう

少額から始まって、やり始めたら次から次へと不具合を発見、リフォーム工事がどんどん膨らんでいき、後に引けなくなることが起きます。

最初、家に入れるか入れないか。

少額工事でも慎重に考える必要があります。

リフォーム詐欺を防ぐ方法

リフォーム詐欺に遭わないために次のことを守りましょう。

電話販売は断る

通常は、家主が必要と感じてリフォーム会社を探すという流れで話が進みます。

リフォームが電話販売や訪問販売されるのはリフォーム会社の都合が必ずあります。

リフォーム会社の都合に合わせる必要はありません。

「必要な時にこちらから電話をする」といって断りましょう。

訪問販売は無視する

訪問販売もリフォーム会社の都合です。

「必要な時にこちらから連絡する」といって名詞なりチラシなりの連絡先を確認しましょう。

「無料」「割引」の言葉があったら詐欺を疑う

「無料」や「割引」にはかならず「バックエンド」と言われる本当に売りたいものが隠されています。

公共的なボランティアでもない限り、ただほど高いものはないのです。

その日に契約しない

「今日までの契約で安くなる」と言われても、その日のうちに契約してはいけません

契約する前に誰かに相談することはとても大事なことです。

「私と工事業者」二人だけの”密室”の契約には、契約書だけが”証拠”になります

第三者の”証言”がもしもの時の助けになることがあります。

会社の住所を確認し連絡先に電話を入れる

依頼したり契約書を取り交わす前に、業者の住所を調べ、連絡先に連絡してみましょう。

住所が駐車場だったり、正当な会社の隣だったり、連絡先には電話だけ置かれているケースもあります。

複数の業者に見積もりを出す

リフォーム工事は少額の工事であっても必ず複数の会社による相見積もりにします。

「相見積もりにするから」と説明して行いますが、それを極端に嫌がったり抵抗を見せたり、相見積もりの不利を声高に説明しようとする会社は見積もりから外れてもらいましょう。

リフォーム工事の流れや相場を知る

リフォーム工事にしっかり取り組むと、そのリフォーム工事業者が適正なのかそうでないかが判断できるようになります。

リフォームの相場価格を知れば、「○○割引で□□万円!」と言われた□□でもちょっと高い、などという判断ができるようになります。

知ることが不安を無くす道でもあります。

リフォーム詐欺にあってしまったらするべきこと

工事から8日以内であればクーリングオフ制度を利用できますし、業者が事実と異なる説明をしていた場合は消費者契約法により契約を破棄できます。

クーリングオフできないなどトラブルが起きた場合は、まずは国民生活センターに相談してアドバイスをもらいながら、早めに対処をしましょう

業者がクーリングオフに応じた場合は、原状回復義務という決まりがあり、工事をする前の状況に戻してくれます。

ただし、犯人の所在が不明な場合、クーリングオフは不可能ですから、まずは警察に被害届を出して犯人を探し出し、原状復帰と支払金額の返済を求めます

まとめ

リフォーム工事にしっかりと取り組むことで詐欺に遭うリスクは減らすことができます

そうはいっても新手の詐欺が出ないとも限りません。

契約には細心の注意を怠りなく!