ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 建材畳 " に関する記事

建材畳とは、普通の畳のように天然のい草は一切使わず、建材で作ったい草の形をしたもので表面を作った畳です。建材で作った素材なので、日光に当たっても色が変わることがないので、いつまでも新築のままの色合いを発揮することができます。また、畳床も建材を使って作っており、全て建材で作られた畳となります。建材で作った表面なので、畳独自の緑色だけではなく、様々な色合いのものが販売されています。自然素材を一切使っていないので、畳特有のい草の効果は全く発揮しません。

未登録

リフォーム会社選びで失敗したくない!まずやるべきことは?失敗しないリフォーム会社選びには「5W1H」を抑えよう

2019年4月22日

リフォーム会社選びに失敗しないためにはどうしたらいいのでしょうか。インターネットで「リフォーム会社 選び方」などで検索すれば、様々な情報が出てきます。確かに有益な情報も多いですが、自社の売上だけを考えたような情報もあるのも確かです。そういった情報に踊らされず、本当に満足のいくリフォームをするために必要なのは「事前準備」です。 「リフォーム会社をど...

未登録

経年劣化別のリフォームポイント|適切タイミングでリフォーム!経年によりオススメしたいリフォームとは

2019年4月21日

建物のリフォームで欠かせないポイントといえば、経年のタイミングにより実施すべきリフォームです。 建物に破損部分が発生しているのに放置したままでは、生活に支障をきたしてしまい、長く住み続けることができなくなってしまいます。 経年によるリフォームのオススメポイントを、詳しくご紹介していきます。

未登録

実はあなたの家も食べられているかも知れない住宅を食い荒らすシロアリにもリフォームで迎撃!

2019年3月7日

木は天然素材であることから根強いファンも多いです。そして木造住宅にこだわるハウスメーカーもあり、高品質な住宅が提供されています。 しかし、木造住宅にも「天敵」がいます。シロアリです。 シロアリと聞くとシロアリ駆除の消毒業者を頼むことを思いつくことが多いと思われますが、果たしてそれだけで良いのでしょうか? ここではシロアリ被害とリフォームについて考えてみ...

未登録

リフォームの最終チェックで万全に!リフォーム工事完了後のチェック

2017年12月6日

リフォーム工事が完了した際には、引き渡しの前に必ず依頼主による完了検査を行いましょう。その際に、完了していないとみなされた場合は正式な引き渡しは行いません。逆に完了検査の時点で依頼主が「完了した」と承認すれば工事は完了しており、それ以降に発生した工事は通常「追加工事」とみなされます。

未登録

リフォーム相見積もりの自作シートづくりリフォーム相見積もりをしたけれど比較の仕方がわからない

2017年11月21日

見積書比較をしやすくするために見積書のシートを作っておくとよいです。出てきた見積書がシートと合わない場合は、自力で書き換えてみるのもおすすめです。それによって見積もり落ちに発見しやすくなりますし、工事に対する理解が進みます。見積落ちしやすい部分など見積もり合わせの悩みについて取り上げます。