ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 耐震化住宅 " に関する記事

耐震化住宅とは、大地震が発生した場合に耐えることができる家づくりです。耐震補強などの耐震改修工事を行い、現代の耐震基準を満たしている建物へとみちびきます。耐震化住宅には減税制度があり、個人が住宅の改修工事を行った際に所得税額から一定の額を控除したり、固定資産税も一定の額かを控除することができます。昭和56年以前に建設した建物の場合、耐震アドバイザーの点検により、耐震化住宅へのリフォームポイントやアドバイスを受けることができます。

未登録

設備では無くハートが相手古い住宅のバリアフリーリフォーム

2019年3月7日

高齢化社会の進行は非常に早いと言っても過言では無く、社会のインフラ整備にもバリアフリーの設備がいたるところで設置されています。 さて、それでは住宅でのバリアフリーはどうかというと、確かに新しい住宅であれば、手すりの設置や段差の解消などがされていますが、中古住宅の場合には、必ずしもバリアフリー化しているとは限りません。 そこで必要になるのがバリアフリーリフ...

未登録

リフォーム工事内容別のリフォームローン!リフォーム内容により利用できるリフォームローンとは

2019年3月5日

リフォームローンには、リフォームの工事内容によって優遇して利用できるリフォームローンがあります。 リフォーム工事内容が一致していることで、優遇された審査で利用することができます。 該当するリフォーム工事を行うなら、是非検討してほしいリフォームローンです。 どのようなリフォーム工事が該当するのが、ご紹介していきます。

未登録

工事着工前でないと補助金が出ないリフォーム補助金申請のながれ

2017年12月6日

補助金の申請先は、大きく分けて国の担当窓口か市町村の窓口となります。申請自体を住宅所有者が行い場合と、リフォーム会社が行うスキームになっている場合があります。いずれにしても工事着工後に申請しても補助対象になりませんので、必ず工事着工前に調べて申請を行い、交付確認を受けてから工事をすすめることが鉄則になります。

未登録

新築かリフォームかを迷ったときのヒント家が建って30年ぐらいになりますが、耐震性は大丈夫なんでしょうか?

2017年11月21日

新築か、リフォームか。基本的に構造体が堅牢であり問題がなければリフォームで行きましょう。リフォームのメリットは内容によっては確認申請を出さなくてよいことや、工期が短縮できること、長く住宅を使いエコであることなどメリットも多いのです。

未登録

家をリフォームしなくてもいいケースを見抜きましょうそもそもなぜリフォーム・リノベーションするの?

2017年10月31日

家をなぜリフォームするのでしょうか。 もちろん今すぐやらなければならないケースもありますが、本当にそれは「今」なのでしょうか。 「リフォーム熱」に浮かされている時には見えにくい、「リフォームすべきか、しないでおくべきか」のヒントをお伝えします。